FC2ブログ

08-7-2.gif

会社にお中元で貰ったゼリーがあるので食べた。
めんどくさかったのでスプーンを用いずにカップから直接全部を口内へ。
思いの他大きかったゼリー。
むせて咳がでるが口の中は満員。
鼻からでたゼリーはところてんのようだった。
スポンサーサイト



08-7-4.gif

ズボンを買ったのだが最近の主流はローライズ、油断するとタルタルのパンツのゴムが見えてしまうのが切ない。
そのローライズも際限なくどんどん股下とベルトの位置が狭まってる傾向があるようでトイレはチャックからでは手も突っ込めないほど狭くベルトを外す必要があった。
それを知らず危うく中年にもなるのに小便たれになるところだった。
今年の目標の一つにおしっこは限界まで我慢しないを付け加えねば。

08-7-3.gif

昔、オーストラリアのエアーズロックにて履いているジーンズを指差して「これ日本に帰ったら保管するんですよ。登ったんだぞって記念ですね。」と語る若者にあった。
なるほど、そういうのも悪くないなって思ったけど自分にはできない思い出のパッケージの仕方だった。でも、その事を少々印象深く覚えていたせいだろうか物をそれまでよりも大切に扱かうようにはなれたんじゃないかと思う。
この度、スニーカーが殉職された。
各国の土を踏みしめて10日間寝るとき以外履きっぱなしだったって事もあるしインドの路地裏で牛の糞を踏んだ事もある。
とうに劣化してもおかしくなかったが運動に使ってついにおじゃん。
とっておいてもいいかなとも思ったが止めておいた。

08-7-6.gif

上京して10数年も経つが昇った事がなかった東京タワーは相変わらず聳えたっていた。
過去数回挑戦した際はメンテナンスという間の悪さ。
東京タワーは意外だったんだが素敵な場所だった。
関東が平野という事もあり展望は遥か。
真下が見えるクリアアクリル?も良い演出だと思うし内部も落ち着いた感じがある。
今度は木曜の夜に行こう。
ミニコンサートが毎週あるらしい。
大展望台(150m) にカフェがあったので一服した。
一組のカップルが歩きながら喋っていた。

「えー、こんな所1人で来る所じゃねーよ」

君たちの後ろには私を含めおそらく1人の来訪者が4人程何か飲んでるんだぞ。

”罰ゲームだ。1人でディズニーランドに行きミニーマウスと写真を撮ってこい”
あれに比べればほとんどのソロ活動に悲壮感はない。

08-7-10.gif

ベランダで煙草を吸っている。
居住階は5階。
道路を見下げ思うのはここから落ちて無事でいられる自信は無い。
あらためて窪塚すげえ。
9階からとかマジヤバくないっすか。
すごうぃっしゅ☆

08-7-11.gif

些細だが確実に厄介な感情に一時を支配されてたから上書きで塗りつぶす為に走ってみた。
全力で走るのは年単位でまれな事になってきてるので心臓が飛び出してきそうな感覚は久しい。
苦しく呼吸をするだけしか考えられず当初の目的は成功。
だが走る前にしろ走った後にしろ自分しかなく、自分の都合だけでいっぱいいっぱい、自分だらけだ。
問われるのは、問うのは、こういう時こそ他者を思う余裕があるのかどうかだろう。
全然できてない。
なかなか侭なんない。